Oreworld trade (Tangshan) co., Ltd

耐火煉瓦

製品の詳細:

耐火煉瓦の説明

耐火煉瓦は熱に強いれんがです。窯炉のライニングによく使用され、例えばゴミ焼却炉、炭焼き窯、陶芸窯などです。焼く、融かす場面には耐火煉瓦が使われていることが多いのです。耐火煉瓦は溶融点が高く、2,800°F (1.540°C) から4,000°F (2,200°C)までです。

耐火煉瓦の技術指標

耐火煉瓦の主な指標は耐火度、荷重軟化点、気孔率、圧縮強さ、残存膨張収縮率、体積密度、耐熱衝撃性です。日本の規格は4項で、物理性能、化学性能、力学性能、熱特性になります。

耐火煉瓦の種類

耐火材料の品種は非常に多くて、用途は複雑で、主要な分類方法は次の通りです

a、化学鉱物の成分: 粘土質れんが、高アルミナ質耐火れんが珪石れんが、マグネシアれんが、クロム・マグネシア質耐火れんが、炭素れんがなど。

b.、耐火度: 普通の耐火材料:1580℃~1770℃;

高級な耐火材料:1770℃~2000℃;

特級の耐火材料:2000℃以上

c.、成型技術流し込み成型、プラスチック成型、半乾式法で成型、押出成型鋳造製品

d.、熱処理方法:焼成れんが、不焼成れんが、電融耐火れんが

e、寸法とれんが型:並型、普通型、

f.、用途:製鋼所陶磁器の工場、発電所石油化学工業

TOP